So-net無料ブログ作成
検索選択
HDD交換 ブログトップ

Cドライブの交換(Windows7) [HDD交換]

SSD安売りしていたので、CドライブのSSDと交換し、
元のSSDは別ドライブとして使えことにしました。

まずは新しいSSDに今のCドライブのデータをディスクコピー。
コピーはフリーのEASEUS Disk Copyを利用しました。
このソフトは、Windowsが起動する前にCDなどで起動し動作させる仕組み。
ダウンロードしたファイルを実行すると、後はウィザードに従い操作すると
起動用のCD-ROMに書き込むことができます。USBもあるようです。

書きこんだCD-ROMを入れて最リブートするとEASEUS Disk Copy画面がでてくるので
画面に従い、元のCドライブのSSDから新しいSSDにコピーします。

私の場合、ディスクの位置、順番のせいか、新しいSSDをCドライブとして認識し
Windows7が立ち上がりました。
元のSSDは無効(署名が競合するためオフライン)になった状態でした。

Windowsの世界は、最初にディスクに署名(ID)を書き込んで認識しているようです。
このため、ディスクコピーするとどちらかが使えなくなるようです。(オフライン状態)

この署名をクリアすることにします。そしてあたらしいドライブに割当たいと思います。
パーティションもクリアするので、この操作すると元のデータは使えなくなります。
他のディスクにコピーしたデータが正しくコピーされ問題ないことを確認してから
以下を実行します。

DOSプロンプトからDISKPARTコマンドを使って操作します。
DOSプロンプトは管理者権限で実行してください。
[スタート]-[アクセサリー]-[コマンドプロンプト]で右ボタンで管理者で実行です。

c:\Windows\system32>diskpart
:
DISKPART> list disk
:
------------ ------------- ------- ------- --- ---
ディスク 0 オンライン 465 GB 1024 KB
ディスク 1 オンライン 931 GB 1024 KB
ディスク 2 オフライン 37 GB 0 B   ←これが最初のCドライブSSD
:
DISKPART>select disk 2
ディスク 2 が選択されました。:
DISKPART> list disk
:
------------ ------------- ------- ------- --- ---
ディスク 0 オンライン 465 GB 1024 KB
ディスク 1 オンライン 931 GB 1024 KB
* ディスク 2 オフライン 37 GB 0 B   ←*が先頭に付く
:
DISKPART>online disk
:
DISKPART>clean ←オンライン状態じゃないとclean効かない。

後は、パソコンリブートと、ディスク2は好きなドライブに割当して完了です。

あと、EASEUS Disk Copyする場合、元のディスクよりコピー先のディスクが大きい場合、
今回もそうですけど、コピー先のディスクはコピーされた部分以外の余った部分は、
未割り当てになるようです。

このため、ディスク管理ツールで未割当部分もCドライブとして割当ました。
[スタート]-[コンピュータ]-右クリック[管理]でコンピュータ管理画面の記憶域を使って
該当ディスクを選んで拡張

これで、Cドライブが新しいSSDで容量も大きくなりました。
昔のSSDは別用途開発プログラム用ドライブとして使うことにしました。

もっと簡単にできるような気もしますが、みなさんどうやって
ディスク交換、拡張などやっているのかなぁー
linuxだとディスク増設、容量拡張も簡単なんですけどね。


HDD交換 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。