So-net無料ブログ作成
検索選択

Apache Flex 4.10.0 + AIR3.9Beta + FB4.7(Mac編) [Flex]

久しぶりのアップです。
Apache Flexも4.10にアップされていたようですね。
今回のアップでインストールがさらに楽になりました。

(1)Apache Flex 4.10.0インストール
Apache Flex Installerダウンロードします。
20100201.png

ダウンロードしたファイルを実行します。
もし古いバージョンがインストールされているときは
先に古いSDK Instller削除してから実行してください。

20100202.png

インストールしたいFlex SDK,AIR,Flash Playerのバージョンを選択します。
今回は最新のFlex SDK 4.10.0,AIR 3.9,Flash Player 11.9を選択して
インストールしてみました。

AIR 3.9はまだβ版なので今日時点だとほかの人に開発したアプリを配布するならば
まだAIR3.8がいいですかね。

(2)Flash Builderの設定
Flash Builderのコンパイル設定でインストールしたFlex SDKを設定します。
20100207.png
これだけで設定は終わりです。

そういえばTlemetryがFlexでも使えるようになったみたいですね。
Adobe Scout でプロファイリングするときに詳細な解析できるようになった?

有効にするときはFlexコンパイラーの設定項目の
追加コンパイルオプションに以下を設定してください。
-advanced-telemetry

(3)Macでのリリースビルドのやり方
そういえばFlash Builder4.7になってからWindows版だとうまくいくのに
Mac版だとリリースビルドしようとすると電子署名がでなくて困ってしまいますよね。

20100208.png

今まで、adtコマンドでたたいてやるとかしていましたが面倒ですよね。
いつ直るかまっていましたが、いいやり方を発見しました。

今までメニューにあるリリースビルドのアイコンやプロジェクトリリースビルドの
エクスポートでやっていました、これだと電子証明書がでてこない。

で、新しいやり方は、ビルドするプロジェクトファイルを選択して
右クリックでエクスポートを選択します。

20100203.png

次にFlash Builderのリリースビルドを選択します。

20100204.png

その後、コンパイルされ、その次にあら不思議、電子署名の入力画面がでます。

20100205.png

これでadtコマンドをたたなくてもリリースビルドできるようになりました。

(4)Youtub Player 'Mu' Serrisaでの確認
新しい環境で次期版の'Mu' をコンパイル、実行してみました。
エラーもなくコンパイル、実行できました。

20100206.png

AIR3.9の正式版でたらそろそろSerrisaも正式版として公開しようかなぁ〜
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

nice! 0

コメント 0

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。